会社で行われる特定健診を企業経営に活かせていますか?メタボリックシンドロームの診断基準は、男性がウェスト周囲85cm、女性が90cmを超えてかつ、高血圧・高血糖・脂質異常の3項目のうち2つに当てはまるとメタボと診断されてしまいます。加えて、内臓脂肪の蓄積が必須条件で、血圧・血糖値・血清脂質のうち2つ以上が基準値を超えていることも条件となっています。

メタボリックシンドロームの基礎知識

メタボリックシンドロームの基礎知識
テレビや新聞などで盛んに取り上げられるメタボリックシンドロームですが、メタボリックシンドロームは、様々な生活習慣病の原因とされています。内臓脂肪の蓄積過多によって、糖尿病のような生活習慣病を引き起こす可能性がある、病気の前段階にいる状態を指します。

具体的には高血圧・脂質代謝異常・肥満などは、先述した糖尿病の発症や、心臓や血管の病気に繋がることも多く、こういった生活習慣病を引き起こす危険性があります。メタボというと軽く見られがちですが、危険性を十分に認識する必要性があります。

メタボリックシンドロームとは

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪症候群とも呼ばれており、内臓脂肪の蓄積の常態によってメタボリックシンドロームかどうかは判断されます。

よく健康診断を会社で実施した結果が出たとき、痩せているのにメタボリックシンドロームと判定されたのでこれはおかしいというクレームを社員から受けることがあると思いますが、太っているかどうかではなく腹囲(ウェストサイズ)で判断されています。

メタボ検診(特定健康診査)の実施義務

メタボ検診(特定健康診査)の実施義務

2008年よりメタボ検診(特定健康診査)の年に1回の実施義務ができました。条件は会社に在籍する40歳から74歳までの従業員が対象で、受診者が少ない場合には健康保険組合に対して財政的なペナルティが課されることとなります。

具体的なペナルティとしては、健康保険組合に対して、高齢者医療の拠出金負担を増やし、社員の健康保険料の負担率が増大する可能性があります。同時に報奨金も設けており、基準に達している場合には、高齢者医療の拠出金負担を減らすという措置が検討されています。

メタボリックシンドロームと診断される基準

メタボリックシンドロームと診断される基準
メタボリックシンドロームと診断される基準としては、腹囲、高血圧、脂質異常、高血糖の項目が挙げられます。
1つずつ細かく説明します。

腹囲

メタボリックシンドロームの判定には、腹囲が大きく関係しています。
腹囲に関しては男性が85cm以上、女性が90cm以上でメタボリックシンドロームの疑いがあるという判定を受けます。

高血圧

高血圧もメタボリックシンドローム判定の基準として大きく関係しており、高血圧の場合は生活習慣病を引き起こす可能性が高いとされています。
血圧の診断基準としては、最高血圧が130mmHg以上、最低血圧が85mmHg以上の場合に、高血圧と診断されます。

脂質異常

脂質異常については、中性脂肪150mg/dl以上または、HDLコレステロール40mg/dl未満で脂質異常と診断されます。

高血糖

血糖値については、空腹時血糖値110mg/dl以上で高血糖と診断されます。

企業でできるメタボ対策の事例

企業でできるメタボ対策の事例
メタボリックシンドロームを解消するために必要なことは、適度な運動と、栄養のバランスの取れた食事です。まずは社員の運動時間の確保を行うようにしましょう。特に事務系社員はメタボリックシンドローム予備軍となっている傾向があります。彼らに自主的に運動できるような仕組みを構築しましょう。

企業でこれらの対策を行う場合には、福利厚生の一環として、スポーツジムなどと法人契約を行い、社員が仕事帰りに通えるスポーツジムを契約して社員に活用してもらうことです。

企業規模が大きい場合には、全国展開しているようなスポーツジムと一括契約を行います。企業規模が小さい場合には、事業所近くにあるスポーツジムと社員各人で契約をしてもらい、そのスポーツジムの年会費を会社負担にする形の方が事務処理の手間が省けます。

また、会社で指定するスポーツジムとせっかく契約するのですから、社員が必ずスポーツジムに通うように、ジムを利用する日はノー残業デーを実施するなどしましょう。せっかくスポーツジムを契約したのに、残業のせいで通えないとなってしまっては本末転倒です。

社員食堂・弁当屋を活用して、バランスの良い食事を提供しよう!

社員食堂・弁当屋を活用して、バランスの良い食事を提供しよう!
次に食事ですが、社員食堂がある場合には、栄養士さんとメニューの内容を検討する給食委員会を設置します。参加者は、人事担当者・栄養士・調理場の職員、労働組合がある場合には、労働組合の書記長・執行委員(職場の代表者)を選出しましょう。

社員食堂の運用で難しいのは、栄養バランスを重視しすぎると、事務職は耐えられても現場で働く社員は味が薄いメニューには不満を持つ可能性があることです。給食委員会では、食堂のメニューについては、栄養士さんの助言を聞くと共に、現場の社員の意見もよく取り入れ、バランスのとれたメニューを取り入れましょう。

社員食堂がない場合には、評判の良い弁当屋を選ぶようにして、そこの調理師・栄養士さんに栄養バランスがとれたメニューの導入が可能か相談をするようにしましょう。

弁当屋に依頼する場合には、社員食堂に比べて融通が利かない傾向にありますので、しっかりと会社としての基準を伝えることが大切です。値段、味、カロリーなどについては、会社としての基準を示して弁当を作ってもらえるように交渉しましょう。

メタボリックシンドローム対策の食事メニュー提供

メタボリックシンドローム対策として有効な食事メニューは、栄養のバランスに偏りのないことが大前提です。主食・主菜・副菜をバランスよくそろえることを徹底しましょう。

主食は炭水化物を多く含む、脳のエネルギー補給のために必要なものを中心に献立を考えます。ごはん・パン・うどんなどがこれらに該当します。取り過ぎれば栄養過多となってしまいますので、定量を決めるようにしましょう。

主菜は、魚・肉・卵のようなタンパク質を含んだ食品を指します。人間の体を機能させるためには必要な食品なので、必ずメニューに加えるようにしましょう。あまりにもたくさん摂取すると、コレステロール値などが高くなりますので、注意しましょう。

副菜は、野菜を取り入れるようにしましょう。特に、野菜はビタミンを取り入れるのに必要です。食物繊維がたっぷり入っているので満腹感の維持にはうってつけなので、出来るだけたくさんメニューに入れるようにしましょう。

社内にランニングマシンやトレーニング機器を設置

社内で空いているスペースにランニングマシンやトレーニング設備を設置することも社員の健康増進のために出来る事の一つです。休憩設備に筋トレ用のマシンを設置することも有効です。

従業員にとっては面倒な会社帰りにスポーツジムに寄るという手間を省けるうえに、内蔵型肥満解消のために必要な筋力トレーニングと、有酸素運動を会社内で実施することが可能です。

懸念点は、もしもトレーニング中に怪我をした場合に労災が発生したときのコストです。業務中ではないので、労災の扱いには基本的にはなりませんが、保険に加入するようにしておきましょう。そのため、社内にトレーニング設備を設置する際には、許可制にして設備を利用する従業員を事前に把握しておくことが大切になります。