アルバイトでも受けられる福利厚生とは?社会保険加入の対応は

アルバイトでも受けられる福利厚生とは?社会保険加入の対応は

従業員のやる気やモチベーションの向上を図る目的で、福利厚生を整えることはとてもメリットがあります。
それは正規の従業員だけでなく、アルバイトにおいても同じことです。とはいえ、企業によってアルバイトが受けられる福利厚生は、全く違う基準で運用されているでしょう。
そこで今回は、アルバイトが受けられる福利厚生の基準や忘れてはいけない社会保険への加入、実際に力をいれている企業例について紹介していきます。

従業員に人気の福利厚生の種類は?かかる費用と効果的な導入方法

福利厚生で人気の種類一覧。福利厚生とは?の疑問にすべて答えます

アルバイトで受けられる福利厚生の基準は?

アルバイトとして働く時間や休みなどは、人によってさまざまです。そのため、全てのアルバイトが福利厚生を受けられるわけではありません。

福利厚生を大まかに分けると、健康保険や厚生年金などの社会保険に加入できる「法定福利」と、住宅手当や通勤手当などの企業が独自に定める「法定外福利」の2種類あります。

法定福利は、基本的に条件を満たしていればアルバイトでも福利厚生を受けられます。ただし、社会保険への加入が任意とされる事務所では社会保険に加入しておらず、制度自体が存在しない場合もあります。

法定外福利は、一般的に正規従業員とその家族のみが対象になることが多いです。そのため、アルバイトでも法定外福利を受けられる企業はありますが、正規従業員に比べて待遇はあまり良くないのが現状です。

アルバイトを一時的な雇用として考えている企業は多く、一方でアルバイト従業員も同じように考えていることが多いでしょう。正規従業員の方が、長い労働時間で企業に貢献しているという事実もあり、この待遇差が生まれています。

アルバイトの雇用形態

アルバイトは、パートや派遣スタッフと同様に有期契約労働という雇用形態をとっています。有期契約労働とは、契約期間の満了日が設定されていることです。

契約期間の満了日以降は、お互いに異議がなければそのまま契約が更新されるため、実質的には正規従業員と同様に長期間同じ企業で働くことができます。しかしアルバイトは、業務に対する責任や労働時間の少なさなどの違いにより、正規従業員と同様の福利厚生を受けさせることが難しいのも現状です。

むやみにアルバイトを優遇すると、正規従業員からの反発を招きかねません。

福利厚生を受ける上での条件

アルバイトでも正規従業員と同様に福利厚生を受けることができます。法定福利の場合は、労働時間や雇用期間などの条件が法律で定められており、アルバイトがそれらの条件を満たしている必要があります。

一方、法定外福利の場合は、受けられる対象条件を企業が比較的自由に定められます。よって、アルバイトが法定外福利を受けられるか否かは企業次第になります。

アルバイトでも利用できる福利厚生の例

アルバイトでも利用できる福利厚生には、健康保険や厚生年金などの社会保険への加入があります。しかし社会保険に加入するには、いくつか条件があり複雑なものもあるので、以下の章で詳しく説明いたします。

ここではよくある有給休暇、通勤手当、食事補助について紹介します。

まずは有給休暇です。条件は法律によって定められており、6ヶ月以上の雇用に加えて、決められた期間の8割以上出勤していると有給休暇を利用することが可能です。

通勤手当(交通費)は、一般的にアルバイトにも支給されることが多いでしょう。大抵の場合は、通勤距離が片道2km以上などと、ある一定の条件を満たしている場合に通勤手当が支給されます。

食事補助も勤務先に食堂がある、または飲食店で働く場合に適用されることが多いでしょう。例えば、飲食店の場合は「メニューが全品20%割引になる」「まかないあり」などです。

アルバイトの社会保険加入

アルバイトでも、法律で定められた条件を満たすことで社会保険への加入ができます。
まず考えられるのが、
・雇用保険
・労災保険
です。

雇用保険の条件は、1週間あたりの労働時間が20時間以上で、雇用される見込みが31日以上の場合です。この条件を満たしていればアルバイトでも加入する義務があります。

労災保険は、企業で働く従業員全てが対象となるためアルバイトでも適用されます。労災保険は、労働者が加入するのではなく事業者が加入するものなので、アルバイトが手続きをする必要はありません。

40歳以上になると「介護保険」も適用の対象になります。
そして、社会保険の代表的なものとして
・健康保険
・厚生年金
があります。

ここでいう社会保険とは広義の意味の社会保険ですので、労災保険や雇用保険のことも指していますが、一般的には健康保険や厚生年金、介護保険のことをまとめて社会保険と呼ぶことが多いです。

そして健康保険や厚生年金は、
1週の所定労働時間および1ヶ月の所定労働日数が正規従業員の「4分の3以上」の場合

または、労働日数と労働時間が「4分の3未満」であっても

  • 1週間の所定労働時間が20時間以上であること
  • 賃金月額が88,000円以上であること
  • 勤務期間が1年以上見込まれること
  • 学生でないこと
  • 被保険者数が501人以上の企業であること(500人以下でも労使合意があれば可能)

すべての要件に該当することが加入の条件になります。

アルバイトでも厚生年金に加入していれば、支払った保険料はきちんとカウントされています。ですので、「どうせアルバイトだから、いつかは辞める」と思って厚生年金に加入していないのは損です。

健康保険や厚生年金は、企業が保険料を半額程度負担してくれることもあり、アルバイトでも加入しておくべき福利厚生になります。

アルバイトにも福利厚生を用意するメリット

働く上で福利厚生を受けられることは、従業員にとってメリットがあります。そのため、アルバイトにも福利厚生を用意することで、業務の効率が向上し生産性を上げることにつながります。またアルバイトのモチベーションも高まり、業務に前向きな考えをもつようになるので、従業員の質にも影響してきます。

アルバイトとしても、できるだけ福利厚生を受けられる企業で働きたいと思っています。待遇が良い企業で働きたい考えは、正規従業員だけでなくアルバイトも含めた全ての労働者に共通している考えだからです。

そのため、アルバイトの福利厚生が充実している企業というだけで、イメージアップにつながり、求人応募の数も増加する可能性が高まります。

とはいえ、多くの企業が経費などの問題で、福利厚生を整えることが困難なのも事実でしょう。福利厚生を整える際にはメリットとデメリットをよく考えた上で、導入を検討することが重要です。

企業によって、福利厚生に差がある

企業によって、導入している福利厚生は違います。「ある企業ではこんな制度がある」、「この企業にはあまり福利厚生がない」などと思うことがあるかもしれません。こうした企業による福利厚生の差は、企業規模や予算などの違いによって仕方のないことともいえます。

特に住宅手当や食事補助といった法定外福利は、企業によって条件や支給額を決められるため、差があるのは当然です。

他の企業と比較して、「自社には福利厚生が整っていない」と思われないためには、様々な工夫が必要になってきます。例えば、独自の福利厚生を導入することです。「バースデー休暇」などの1年に1回無条件で休める制度や、素晴らしい企画や業務改善のアイデアを提示すれば報奨金が支給される「アイデア制度」などさまざまあります。

もちろんこうした福利厚生は、従業員のモチベーション向上や生産性向上を目的として導入されることが多いですが、他の企業との差別化を図る意味でも有効です。

そして忘れてはならないことが、正規従業員とアルバイトなどの非正規従業員との間で福利厚生の受けられる差を設けるか否かです。差を縮めれば正規従業員からは少なからず反発があり、差を広げれば非正規従業員からは「大切に扱われていない」と思われる可能性があります。

ですので、正規従業員には給料やボーナスなどの、福利厚生以外の部分で差を設けるといった工夫も必要になってきます。

「あったらいいな」で終わらせない。福利厚生の導入・充実

福利厚生代行サービス活用のメリット従業員満足や人材確保につながる福利厚生。関心はあるが、コスト面や業務負荷の面であきらめている。そんな方は必見!「福利厚生を手軽に充実させる裏技。希望を叶える福利厚生代行サービス4選」に福利厚生充実のヒントがありますので、是非ご覧ください。

アルバイトの福利厚生にも力を入れている企業例

アルバイトの福利厚生に力を入れている企業として、まず健康保険や厚生年金といった社会保険に加入できるかどうかがあります。

現在では、適用範囲が昔より広くなっていることもあり、アルバイトでも社会保険に加入できる企業は数多く存在します。ですので、その他の法定外福利厚生がどれだけ充実しているかで、アルバイトにも力を入れているかがわかります。

以下で具体的な企業例を紹介しますので、導入の参考にしてください。

JXTGエネルギー株式会社 ENEOS(エネオス)

日本の大手石油元売り会社であるJXTGエネルギー株式会社は全国にガソリンスタンドENEOSを展開しており、アルバイトも数多く採用しています。

店舗によって待遇は違いますが、各種社会保険制度を完備しており、ほとんどの店舗で車やバイク通勤が可能です。また、交通費の全額支給の店舗も多く、給油や物品購入においても従業員割引が適用される店舗もあります。

アルバイトの従業員数が多いことから、福利厚生も充実しているようです。

株式会社リンガーハット

株式会社リンガーハットは、ちゃんぽん店「リンガーハット」、とんかつ専門店「濱かつ」などの外食チェーン店を運営している企業です。

アルバイトの社会保険への加入はもちろんのこと、有給休暇制度や従業員割引まで充実しています。

従業員割引は、
・勤務前後1時間
・勤務休憩中
になんと60%割引で食事が可能です。休みの日にも、リンガーハットグループ店舗で食事する際には20%割引が適用されます。

福利厚生ならリロクラブにご相談ください
新規導入の検討から、既存制度の見直しまで
福利厚生でお悩みなら
福利厚生のリロクラブまで