福利厚生代行で企業と従業員のエンゲージメント向上に貢献するリロクラブが企業型確定拠出年金制度「総合型401k倶楽部」をご紹介します。

無料資料請求・お問い合わせ

コスト負担・手間を抑えながら、
企業型確定拠出年金制度の導入を可能に

総合型401k倶楽部

リロクラブの「総合型401k倶楽部」は、選択制を基本とした確定拠出年金の制度設計。新たな企業拠出を追加負担することなく確定拠出年金制度を導入できます。

確定拠出年金制度の導入を支援します

コスト負担や事務的負担がネックとなり確定拠出年金制度の導入に踏み切れないとお悩みですか?それならぜひ、リロクラブまでお問い合わせください。

入力1分!無料資料請求・お問い合わせは
こちらから

総務・人事・経営者の方こんなお悩みありませんか?

  • 確定拠出年金を導入したいが、掛け金の負担や面倒な事務手続きが気になる
  • 人材採用や定着に効果的な福利厚生施策を実施したい
  • 社会保険料の支出を減らしたい

「総合型401k倶楽部」とは?

リロクラブの「総合型401k倶楽部」は、給与の一部を掛け金とする選択制を基本とした確定拠出年金の制度設計です。
選択制とは労使合意の上で前払い退職金や給与の一部を生涯設計手当等に再定義し、従来どおり給与とあわせて受け取るか、確定拠出年金に拠出するかを従業員が選択することができる制度です。これにより、結果的に拠出を選択した従業員の掛け金分は所得税・住民税・社会保険料の計算対象外になるため、節税効果が期待できます。逆に、拠出を選択しなければ今まで通りの額で給与が得られるので、制度導入に対する従業員の不満を避けることができます。
また、企業側は現行の給与の一部を掛け金とすることにより比較的簡易に制度が導入でき、原資不足の懸念なく退職金制度を確立できます。

「総合型401k倶楽部」の
メリット&デメリット

企業側のメリット

  • 社会保険料の軽減が見込まれる
    給与の一部を掛け金にできるため、新たな負担が増えない設計も可能です。掛け金は算定基礎から外れるため、社会保険料の軽減が見込まれます。
  • 人材確保・定着に役立つ
    求人の際や今いる従業員に対して「退職金制度あり」と伝えることができるため、人材採用強化や人材定着に結びつきやすくなります。

従業員側のメリット

  • 手取り給与額の増加が見込まれる
    掛け金分は所得税・住民税・社会保険税の課税対象ではないため、給与の手取り額が増える場合があります。
  • 運用収益は非課税
    確定拠出年金の運用収益は非課税です。福利効果を実感することができます。
  • 口座管理料が無料
    個人型確定拠出年金で発生する口座管理料が企業負担になるため、個人での口座管理料負担はありません。
  • 金融商品としての魅力
    一般に確定拠出年金制度の金融商品は利回りがよく、手数料が安いなど金融商品として魅力があります。
  • 選択の自由
    確定拠出年金加入・非加入は従業員側で選択が可能です。

企業側のデメリット

  • 運用のコスト負担
    運営コストがかかります。

従業員側のデメリット

  • 資産の引き出しに縛りがある
    確定拠出型年金は原則として60歳まで引き出せません。
  • 各種手当金等の減額の可能性
    標準月額報酬が下がると将来受け取れる老齢厚生年金や健康保険の各種手当金、失業保険金の給付額が下がる可能性があります。

企業側・従業員側の双方に
メリットがあります!

企業側には社会保険料の軽減、人材の確保や定着率の向上。従業員側には節税、資産運用等と、双方にメリットがあります。

入力1分!無料資料請求・お問い合わせは
こちらから

 

「総合型401k倶楽部」導入パターン

パターン1 企業拠出金負担なし

新たに企業側で拠出金負担なく確定拠出年金を導入
➀人件費総額を見直し、給与を55,000円減額し、その分を新たに生涯設計手当として設定。
➁従業員は生涯設計手当分から任意の額(0円~55,000円)を、そのまま前払い退職金(実質は給与)としてもらうか、確定拠出年金の掛け金にするか1,000円刻みで自由に選択できます。
※現在退職給付制度がない場合

「総合型401k倶楽部」企業拠出金追加負担なしのパターン

パターン2 企業拠出金負担あり

新たに企業側が追加負担して導入(従業員にとって節税できる最大枠利用可)
➀福利厚生充実の一環として全員が加入するケース。ここでは、一部(5,000円)を基本給付金として企業が負担します。
➁制度上の枠が残り50,000円あるので、税制優遇枠を最大限活用するため給与を50,000円減額して、その分を新たに生涯設計手当に充当します。
➂従業員は任意の額(0円~55,000円)を、そのまま前払い退職金(実質は給与)としてもらうか確定拠出年金の掛け金にするか1,000円刻みで自由に選択できます。
※現在退職給付制度なしの場合

「総合型401k倶楽部」企業拠出金の追加負担ありのパターン

「総合型401k倶楽部」節税シミュレーション

※画像は拡大してご確認いただけます。

「総合型401k倶楽部」節税シミュレーション

「福利厚生倶楽部」
入会企業特典

「福利厚生倶楽部」入会企業特典として定期的に継続投資教育セミナーを無料で提供いたします。
企業型確定拠出年金を開始するにあたり、導入企業が頭をいためるのは継続投資教育をどのように実施するかです。手間と時間がかる上、外部に依頼すると有料であることが多い継続投資教育は導入検討時のネックになりがちです。リロクラブでは「福利厚生倶楽部」入会企業向けに、10年来培ってきた継続投資教育セミナーの実績をもとに、継続投資教育セミナーを定期的に無料提供し、入会企業の従業員の皆さまのマネープラン支援を積極的に行ってまいります。

節税効果もある企業型確定拠出年金制度「総合型401k倶楽部」

具体的なサービス内容や料金につきましては、リロクラブまでお気軽にお問い合わせください。

入力1分!無料資料請求・お問い合わせは
こちらから

よくあるご質問

Q加入者が1名でも制度導入は可能ですか?
A

可能です。

Q社長・役員も加入できますか?
A

問題ありません。60歳未満の厚生年金被保険者であれば、どなたでも加入できます。

Q契約社員やパートタイマーも加入できますか?
A

問題ありません。60歳未満の厚生年金被保険者であれば、どなたでも加入できます。

Q従業員は全員加入が原則ですか?
A

原則はその通りですが、実際は全員加入である必要はありません。とくに契約社員やパートタイマーなど雇用形態が正社員と異なる従業員は、年金規約に定めることで加入対象から除外できます。

Q希望者のみ確定拠出年金に加入するということも可能ですか?
A

現行給与の一部を掛け金の原資に充てる選択制確定拠出年金であれば従業員各自が加入・非加入を任意に選べ、掛け金の金額も自由に選択できます。

Q医療法人や財団法人でも制度導入は可能ですか?
A

厚生年金適用事業所であれば、問題なく導入できます。

Q導入手続きにかかる日数はどれくらいですか?
A

厚生局の審査期間(2ヶ月)を含め、最短3ヶ月で導入が可能です。

Q投資経験のない従業員が大半ですが、制度を導入して問題はありませんか?
A

福利厚生倶楽部会員様には、無料で従業員向け投資研修を定期的に実施させていただいています。

Q資産の引き出しはできますか?
A

確定拠出型年金は、原則60歳まで引き出すことができません。

Q税制優遇の内容は?
A
  • 企業が拠出する掛け金は全額損金扱いに、従業員が負担する掛け金は所得税・住民税が非課税。
  • 運用商品の売却益、配当収益、預金利息が非課税。
  • 老齢給付金の一時金は退職所得控除、年金は公的年金控除の対象。
    ※個人別管理資産にかかる特別法人税は2020年3月末日まで凍結中。

従業員エンゲージメント向上につながる福利厚生なら、リロクラブ

大きく変わりつつある企業年金のあり方。以前は導入企業が多かった確定給付年金ですが、企業として運用リスクがあるため確定拠出年金の採用が進んでいます。確定拠出年金の導入を検討するなら「今」がベストタイミングかもしれません。リロクラブの「総合型401k倶楽部」は、選択制を基本とした確定拠出年金制度です。
企業型確定拠出年金の導入をご検討の企業の担当者様は、ぜひリロクラブまでお問い合わせください。

企業型確定拠出年金の導入なら「総合型401k倶楽部」

企業も従業員もメリットを享受できるリロクラブの「総合型401k倶楽部」。貴社の事情やご要望に合わせたプランをご提案いたします。

入力1分!無料資料請求・お問い合わせは
こちらから