catch-img

健康経営と働き方改革の関係性とは?厚生労働省が推奨する企業戦略も解説

「働き方改革をもっと推進したい」 「健康経営という言葉を知ったけれど、何のことかまだよく分からない」 「そもそも健康経営と働き方改革はどこが違うんだろう?」 本記事を読んでいる方は、このようなお悩みを持っている企業担当者の方が多いでしょう。厚生労働省が推奨する働き方改革と、経済産業省が推奨する健康経営は別物です。しかし双方を併せて実施することで相乗効果が生まれ、企業と従業員にとって高いメリットが生まれます。 そこで本記事では、健康経営と働き方改革の関係性から健康経営の進め方まで詳しく解説します。 健康経営を導入するメリットとポイントまで併せて解説するため、働き方改革を本気で実現したいと考えている方はぜひ最後までお読みください。 [sc name="cta-health" ][/sc]

健康経営と働き方改革の関係性とは?

健康経営は働き方改革と密接に関係する重要な経営戦略です。 健康経営と働き方改革の関係性を把握するために、それぞれの制度の概要を確認しておきましょう。順番に解説します。

健康経営とは

健康経営とは、企業が従業員の健康や福利厚生に積極的に取り組む経営戦略のことです。従業員の健康促進や労働環境の改善を通じて、心身ともに健康な状態で働ける職場づくりを目指します。 従業員の心身が健康になることで、本来のパフォーマンスが発揮され、生産性向上が期待できます。例えば、長時間労働やパワハラ・モラハラにより心身が疲弊した状態では、本来のパフォーマンスを発揮できず生産性が低下してしまうでしょう。 しかし健康経営は、ストレスを軽減した職場づくりを通して、最大限に従業員の健康状態を向上させる戦略です。そのため、健康経営を実施する際には社内で健康教育を実施し、従業員が心身を良好な状態で働けるよう企業風土を改善する必要があります。

働き方改革とは

働き方改革とは従業員の働き方や労働環境を改善し、生産性の向上と働き方の多様化を図る取り組みです。従業員のワークライフバランスの確保や労働時間の適正化、柔軟な働き方の実現などを目標としています。 例えばフレックスタイムやテレワークなど、働き方の多様性を尊重して従業員のワークライフバランス実現を目指します。他にも労働時間の短縮や休暇制度の充実、有給休暇の取得率向上など長時間労働や過労死を防止する取り組みが挙げられます。 柔軟な働き方を提供し働きやすい職場環境を整えることにより、多様な人材の確保と従業員のモチベーションアップが可能です。 以上のことから、健康経営との親和性が高いといえます。

健康経営と働き方改革で相乗効果が生まれる

健康経営と働き方改革は密接に関係しています。どちらも従業員が働きやすい環境を整え、メンタルヘルスの悪化を防止する施策です。働き方改革によって長時間労働の抑制や有給休暇の取得推進が実施されると、従業員の身体的休息やメンタルヘルスの安定につながり、健康経営を実現できます。 つまり、健康経営と働き方改革を併せて注力することで相乗効果が生まれ、より働きやすい労働環境・企業風土を構築できるというわけです。さらに従業員のワークライフバランスを確立することで、離職防止・生産性向上なども期待できます。 働き方改革に取り組む際は、健康経営にも併せて注力し相乗効果を生み、より働きやすくクリーンな企業風土を確立しましょう。

働き方改革で健康経営が推奨されている理由

働き方改革と健康経営の関係性を説明しましたが、とはいえ「なぜ健康経営が推奨されているのか?」と疑問に思った方もいるでしょう。働き方改革で健康経営が推奨されている理由として、次の要因が挙げられます。

  • 深刻な人材不足のため
  • 従業員のモチベーション低下を防げるため
  • 企業イメージをクリーン化するため
  • 労働災害の発生を防ぐため
  • 労働生産性の低下を防ぐため

上記の理由は、ほとんどの企業にとって無視できない問題です。それぞれの理由を確認して、健康経営を導入すべきか検討してみましょう。

深刻な人材不足のため

働き方改革で健康経営が推奨されている理由として、深刻な人材不足が挙げられます。現在は少子高齢社会に伴い、働き盛りの若年層が不足し労働人口が減少しています。新たな人材を確保しようと採用活動をしても、採用できる母数が減少しており、なかなか人材獲得ができない状態です。このため、各企業で優秀な人材の取り合いが起こっています。 求職者としては、数多に募集をかけている企業の中から、より条件の良い企業に就職したいと思うものです。働き方改革と健康経営を並行して実施している企業があれば、クリーンで働きやすい企業イメージを抱くことから、入社希望者の増加が期待できます。 さらに健康経営に注力している企業であれば、ストレスを軽減して働きやすいため離職しようとは思わないでしょう。働き方改革と健康経営は、採用力向上と離職率低下により、深刻な人材不足を解消できるため注目されています。

従業員のモチベーション低下を防げるため

ストレスが多かったり怪我をしやすかったりする職場では、従業員のモチベーションが低下しやすいです。従業員のモチベーション低下は離職や休職につながるため、企業にとっても大きな課題になります。 しかし、働き方改革で健康経営に取り組めば、従業員が働きやすくストレスフリーな職場環境を提供できるため、モチベーションの低下を防げます。健康経営を実施し、ストレスチェックやメンタルヘルスケアを行うことで、従業員のモチベーション低下や離職を抑制できるでしょう。

企業イメージをクリーン化するため

働き方改革が推奨されている現代で、ブラック企業に対しては非常に厳しい目が向けられています。とはいえ、ブラック企業に限らず人材不足や競合他社との人材獲得競争を乗り切るためには、より働きやすく従業員を大切にするクリーンな企業イメージが必要です。 そこで、離職を防止し社会的信頼を獲得するため、健康経営が推奨されます。企業イメージをクリーン化し社会の信用を獲得できます。数多く存在する企業の中から社会的イメージが良いサービスを顧客も利用したいと考えるものであるため、企業イメージをクリーン化する健康経営は企業の業績向上につながる施策になります。

労働災害の発生を防ぐため

労働災害の発生を未然に防ぐのも、働き方改革で健康経営が注目される理由の一つです。労働災害が起きると従業員の休職や離職につながり、生産性も低下します。企業としては、労災コストや生産性の低下は損害となるため、対策を講じなければなりません。 しかし、人材不足による長時間労働・膨大なタスクに追われる日々では、労働災害が起きやすいです。労働災害を防止するために、従業員が心身ともに健康で働ける健康経営が推奨されます。健康経営によって従業員の体調管理・健康教育を徹底し、心身の疲弊がなくなるような環境で働いてもらうことが大切といえるでしょう。

労働生産性の低下を防ぐため

長時間労働・過重労働が続くと、集中力が落ちて生産性が低下します。また健康不良が起きた場合も病欠や早退が増え生産性が低下するため、従業員の健康管理は非常に重要です。無理やり出勤して働いていても、心身が健康でなければパフォーマンスが下がってしまいます。 働き方改革によって長時間労働・過重労働を抑制できれば、従業員のモチベーションを向上できます。さらに、健康経営によって従業員が心身ともに良好な状態を維持できれば、高いパフォーマンスを発揮することが可能です。 無理に長時間労働・過重労働を行っても、従業員のモチベーションが低くパフォーマンスが低下している状態では、労働生産性が低下してしまいます。労働生産性の低下を防ぐため、働き方改革による健康経営に注力しましょう。

働き方改革で健康経営を行うメリット

健康経営を導入しようか悩んでいる方は、働き方改革で健康経営を行うメリットを確認しておきましょう。 働き方改革で健康経営を行うメリットは次の通りです。

  • 生産性を向上できる
  • 従業員のモチベーションを向上できる
  • 休職・離職を予防できる
  • 企業ブランドのイメージアップにつながる
  • コストカットにつながる
  • 健康経営優良法人認定により採用力がアップする
  • 従業員のワークライフバランスを実現できる

それぞれのメリットを理解した上で、健康経営を行うことが生産性向上につながります。各メリットを得るため、働き方改革と健康経営を導入してください。

生産性を向上できる

働き方改革で健康経営を行うメリットは、生産性を向上できることです。健康経営によって従業員の病欠・早退・離職を防止すれば、労働生産性を向上できます。 さらに働き方改革と健康経営の実施により、働きやすくクリーンな職場風土を構築し従業員のパフォーマンスを最大化できます。 労働生産性の向上につながる健康経営は、働き方改革と併せて実施すべき企業戦略です。

従業員のモチベーションを向上できる

生産性の向上にもつながりますが、働き方改革で健康経営を行えば、従業員のモチベーションを向上できます。従業員のモチベーションが向上すれば、高いパフォーマンスを発揮でき、社内のコミュニケーションも活性化します。 社内の雰囲気を明るく活性化させることで、組織全体の生産性を向上させ、離職率低下が期待できるでしょう。深刻な人材不足が問題視されている現在では、従業員のモチベーションを向上させ生産性・定着率を上げる取り組みが必要不可欠です。 働き方改革で健康経営を行い、より高いモチベーションで働ける職場風土を構築しましょう。

休職・離職を予防できる

休職・離職の予防も健康経営のメリットとして挙げられます。従業員が休職・離職しやすい職場は、定着率が低く馴染みの同僚が少ないため、従業員のモチベーションが低下しやすいです。 さらに休職・離職が発生すると、新たな人材を獲得・教育する手間とコストがかかり、生産性が低下します。深刻な人材不足に陥っている現在の採用市場では、優秀な人材を獲得することが難しく採用活動が難航する可能性が高いです。 新たに人材を獲得できても、教育し職場に馴染むまでに時間がかかり、教育担当者の人件費もかかるため生産性が低下します。企業の生産性と定着率の観点から考えても、休職・離職を予防できる健康経営は取り組むべき施策です。

企業ブランドのイメージアップにつながる

企業のイメージアップにつながることもメリットの一つといえるでしょう。働き方改革と健康経営に取り組んでいる企業は、社内だけでなく社会からの好感も高いです。このため企業のイメージアップにつながり、業績向上が期待できます。 企業のイメージをアップさせ社会的信用を高めるために、働き方改革で健康経営に注力してみるといいでしょう。

コストカットにつながる

働き方改革で健康経営を行えば、コストカットにつながります。働き方改革で健康経営を行うことで削減できるコストは次の通りです。

  • 労災コスト
  • 新しい人材の採用・育成にかかるコスト
  • パフォーマンス低下により生産性が低下し、余分にかかっていたコスト
  • 長時間労働による時間外手当・休日出勤手当などのコスト

企業が発展するためには余分なコストをカットし、生産性を向上させる必要があります。業績を向上させて企業を発展させたい方は、働き方改革で健康経営により余分なコストカットを行いましょう。

健康経営認定により採用力がアップする

健康経営を導入すると、「健康経営認定」が行われ、採用力アップにつながります。健康経営認定とは「健康経営優良法人認定制度」に認定されることで、日本健康会議が「特に優良な健康経営を実践している法人企業」と認めることです。 2022年には「大規模法人部門」に2,299法人、「中小規模法人部門」に12,255法人が健康経営優良法人として認定されました。多くの企業が認定されることを健康経営の目的としています。 労働人口が減少している社会で、優秀な人材を獲得するためにも、健康経営優良法人認定を目指して健康経営に取り組みましょう。

従業員のワークライフバランスを実現できる

働き方改革で健康経営を行うことで、従業員のワークライフバランスを実現できます。ワークライフバランス実現は、従業員のモチベーションを向上し定着率・生産性を上げられるため、企業にとって重要な目標です。 多様化された働き方でワークライフバランスを確立できれば、従業員は限られた時間で最大のパフォーマンスを発揮しようと尽力します。この結果、生産性を向上させて業績アップにつながるのです。

健康経営で働き方改革を進めるポイント

健康経営の重要性を理解したあとは、「どのように働き方改革を進めるべきか」の方向性を定めなければなりません。 ただ形だけの働き方改革や健康経営にならないように、実施する際のポイントを理解しておくことが大切です。 健康経営で働き方改革を進めるポイントを解説しますので確認しておきましょう。

  • 食生活の改善を推奨する
  • 従業員の健康状態をチェックする
  • 健康状態を把握するシステムの導入
  • 残業時間の減少・有給休暇の取得
  • 健康づくりに関する主体的な活動を行う
  • 管理者が積極的に関与する

食生活の改善を推奨する

健康経営で働き方改革を進めるためには、従業員に食生活の改善を推奨しましょう。肥満や栄養不足は、従業員の健康へ直結する問題であるため、日頃の食生活を改善して身体を健康に改善する必要があります。 従業員の健康状態・食生活を把握し改善するために、健康診断やアンケート、健康意識を向上させる教育を実施してください。従業員に食生活の改善を推奨しヘルスリテラシーを身につけてもらうことが、健康経営を実現するポイントです。

従業員の健康状態をチェックする

健康経営で働き方改革を実現するには、従業員の健康状態をチェックすることが大切です。健康経営を行うために、まずは従業員の現状を把握しなければなりません。健康診断やストレスチェックを徹底し、従業員の健康状態を把握しましょう。 ただ把握するだけでは健康経営を実現できないため、チェック内容に基づいて従業員の健康指導・メンタルヘルスケアを実施してください。従業員の健康状態を良好にすることが、健康経営で働き方改革を実現させる目的です。

健康状態を把握するシステムの導入

健康経営で働き方改革を進めるポイントとして、従業員の健康状態を把握するシステムの導入を検討してください。アプリやセルフチェックシステム・ヘルスケア機能が備わった腕時計などを導入し、従業員の消費カロリーや体重・血圧を把握しましょう。 システムによって測定した結果をもとに従業員へ健康指導を施し、より心身を健康に改善できるよう対策してください。測定結果によって現在の働き方がふさわしくないと判断した場合は、部署異動やテレワークの実施・時差出勤などの対策が必要です。 健康状態を把握するシステムを導入して、従業員が健康で働きやすい職場づくりを行いましょう。

残業時間の減少・有給休暇の取得

残業時間の減少と有給休暇の取得は、働き方改革実現に向けて必要な課題です。長時間労働が続く職場では、従業員の心身が疲弊しパフォーマンスが低下します。ストレスや過労によって離職を考える従業員も少なくないため、残業時間を減少させ有給休暇の取得を推奨する取り組みが必要です。 健康経営によって従業員の心身を健康に保つためにも、長時間労働や有給休暇の未取得は防がなければなりません。健康経営で働き方改革を進めるために、残業時間を減少させ有給休暇の取得率を向上させる対策を実施しましょう。

健康づくりに関する主体的な活動を行う

健康経営と働き方改革を実現するためには、健康づくりに関する主体的な活動を行いましょう。ノー残業デーの実施や有給休暇取得率80%を徹底するなど、働き方改革を実現する主体的な活動が必要です。 他にも新しい休暇制度を導入したり健康相談窓口を設けたりと、健康経営と働き方改革を実現する施策を実施してください。 ただ健康経営や働き方改革を実施すると宣言しても、何も取り組まなければ効果はありません。健康づくりに関する主体的な取り組みを行い、従業員に健康経営で働き方改革を進める意識を持たせることが大切です。

管理者が積極的に関与する

健康経営や働き方改革を従業員に任せる取り組みでは、従来の企業風土を改革できず施策が失敗してしまいます。 健康経営や働き方改革を実現するために、経営者や管理者が積極的に関与しましょう。管理者が有給休暇の取得を推奨したり食生活の改善を率先して行ったりと、健康経営と働き方改革に積極的な姿勢を示す必要があります。 組織を改革する施策は、まず従業員の上に立つ経営者や管理者が主体となり積極的に取り組むことが大切です。

健康経営で働き方改革を進める際の注意点

健康経営で働き方改革を進める際には、次のポイントに注意する必要があります。

  • 経営層の理解を得る
  • 従業員へ浸透させる
  • 従業員の負担にならない改革を行う
  • 効果を可視化しやすくする

それぞれの注意点を確認して、健康経営の実現に向けて対策しましょう。

経営層の理解を得る

健康経営で働き方改革を進める際は、経営層の理解が必要です。経営者が主体となって健康経営を行わない場合は、人事部が考案し実施するケースが多いでしょう。 しかし人事部では扱える予算に限りがあるため、健康経営で働き方改革を進める旨を経営層に相談しなければなりません。経営層の理解を得られず健康経営を実施しても、予算が足りずに満足のいく施策を実現できない可能性があります。 健康経営と働き方改革は、企業全体が取り組むべき施策のため、まずは経営層の理解を得てから導入するようにしましょう。

従業員へ浸透させる

健康経営で働き方改革を進める際の注意点として、従業員へ浸透させる必要があります。健康診断やストレスチェックなど個人情報を扱う施策となるため、従業員の了承なしでは健康経営を実施できません。 「なぜ健康経営が必要なのか」の必要性と、健康経営を実施するメリットを従業員に周知して、組織全体で働き方改革を進めていける環境を整えましょう。

従業員の負担にならない改革を行う

健康経営で働き方改革を進める際には、従業員の負担にならない改革を行いましょう。 労働時間外の健康指導やイベントの実施など、従業員の負担となる施策を行った場合はかえってストレスのもととなります。従業員のストレスを軽減し心身ともに健康な状態へと改革する施策で、負担を感じさせてはいけません。 健康経営で働き方改革を行う場合は、従業員の負担にならないよう注意してください。

効果を可視化しやすくする

健康経営や働き方改革は、効果を可視化しにくい施策です。このため、短期的な目標設定を行わないように注意しましょう。 健康経営や働き方改革は長期的に取り組むことで効果が出てくる施策です。すぐに成果を挙げようと無理な目標設定をすると、従業員の負担となりストレスが増えます。 働き方改革で健康経営を進める際は、効果を可視化しにくいことを理解して長期的に取り組むよう注意してください。

働き方改革で健康経営を成功させるなら「リロクラブ」へご相談を

働き方改革で健康経営を成功させたい方は、「リロクラブ」へご相談ください。リロクラブは多角的な視点で健康支援サービスを提供しており、健康経営の実現をサポートします。 ストレスチェックや健康診断の代行サービス、ヘルスケア機能を備えた「Relo健康サポートアプリ」などさまざまな健康支援を実施しています。 健康診断をアウトソーシングし、可視化しにくい健康改善の課題を明確化できる「リロクラブ」であれば、働き方改革で健康経営を成功させることが可能です。 資料請求やお問い合わせは無料でできるため、まずは気軽にご相談ください。 [sc name="cv-page16" ][/sc]

健康経営と働き方改革で相乗効果を生むことが大切

健康経営と働き方改革は密接な関係性にあります。双方を並行して取り組み、相乗効果を生むことが大切です。健康経営で働き方改革を進めれば、従業員の健康状態を心身ともに良好な状態に改善して、パフォーマンスを最大化できます。 従業員のモチベーション向上・パフォーマンスを最大化させることで、生産性を向上して業績アップにつながります。さらに健康経営と働き方改革を実施している企業は、社会から好印象を持たれ企業ブランドのイメージアップが可能です。 健康経営で働き方改革を実施する際には、「リロクラブ」の健康支援サービスをご利用ください。 リロクラブでは、健康診断やメンタルヘルスのアウトソーシングを提供しています。さらに「Relo健康サポートアプリ」を導入すれば、従業員の健康状態を把握して健康経営を成功へ導くことが可能です。 健康経営と働き方改革で相乗効果を生むために、まずはリロクラブへご相談ください。もちろん相談するための費用は0円です。

CONTACT

福利厚生の満足度を見直してみませんか?
リロクラブにご相談ください

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お役立ち資料はこちらから

記事ランキング