catch-img

女性が働きやすい福利厚生|おすすめ制度や人気企業ランキングを紹介

「女性が活躍する職場を作りたい」 「女性にとって働きやすい職場を提供したい」 このようなお悩みを抱える企業は多いでしょう。女性はライフスタイルの変化が激しいことから男性よりも離職率が高いため、長く勤務できる職場を用意することが大切です。

そこで重要となるのが福利厚生です。福利厚生制度を充実させることで、女性にとって働きやすい環境を実現できます。 本記事では、女性に人気の福利厚生を紹介します。女性が福利厚生を重視する理由や導入するメリットなども解説しているので併せて参考にしてください。


目次[非表示]

  1. 1.そもそも福利厚生とは何か
    1. 1.1.法定福利厚生
    2. 1.2.法定外福利厚生
  2. 2.女性が福利厚生を重視する理由
    1. 2.1.ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるため
    2. 2.2.働きやすい環境を求めているため
  3. 3.女性が働きやすい福利厚生を導入するメリット
    1. 3.1.女性の離職率を抑えられる
    2. 3.2.自社のブランド力を向上できる
  4. 4.女性に人気の高い福利厚生の具体例
    1. 4.1.住宅に関する制度
    2. 4.2.休暇に関する制度
    3. 4.3.食事に関する制度
    4. 4.4.出産や育児に関する制度
    5. 4.5.健康に関する制度
    6. 4.6.スキルやキャリアアップに関する制度
  5. 5.女性に必要とされる福利厚生を導入するコツ
    1. 5.1.自社が抱える課題を明確にする
    2. 5.2.女性の従業員に意見を聞く
  6. 6.女性に求められる福利厚生を導入している企業10選
    1. 6.1.株式会社サイバーエージェント
    2. 6.2.ユニリーバ・ジャパン株式会社
    3. 6.3.サイボウズ株式会社
    4. 6.4.楽天グループ株式会社
    5. 6.5.株式会社ニトリ
    6. 6.6.株式会社メルカリ
    7. 6.7.DeNA株式会社
    8. 6.8.株式会社グラニ
    9. 6.9.株式会社サニーサイドアップ
    10. 6.10.株式会社ソルトワークス
  7. 7.福利厚生の導入ならリロクラブの利用がおすすめ
  8. 8.女性に必要とされる福利厚生を導入しよう

そもそも福利厚生とは何か

そもそも福利厚生とは、給与以外に支払う報酬のことです。従業員は金銭を受け取れるだけではなく休暇を取得できたり、連携施設でお得なサービスを受けられたりします。

その結果、仕事もプライベートも充実させられるため、従業員の健康や生活の質の向上が期待できます。 福利厚生には「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」の2種類があります。それぞれどのような違いが見られるのか詳しくチェックしていきましょう。

法定福利厚生

法定福利厚生とは、法律で加入が義務付けられている福利厚生のことです。法定福利厚生には、以下の6種類があります。

  • 健康保険:従業員やその家族が病気や怪我などによって診療を受けた際に利用できる制度のこと。
  • 厚生年金保険:企業で働く従業員が加入する公的な年金制度のこと。
  • 介護保険:介護サービスを受ける際に実費負担を軽減するための保険制度のこと。40歳以上の人に加入が義務付けられている。
  • 雇用保険:従業員が失業した際に、失業手当の給付などを行う制度のこと。
  • 労災保険:業務中や通勤中など、仕事に関係する出来事で怪我などをした際に一定の給付金を受け取れる制度のこと。保険料は企業側が全額負担する。
  • 子ども・子育て拠出金:児童手当や子育て支援事業などのために納付する税金のこと。保険料は企業側が全額負担する。

法定福利厚生は従業員に必ず加入してもらう必要があるため、それぞれの詳細をよく理解しておいてください。

法定外福利厚生

法定外福利厚生とは、企業が任意で加入できる福利厚生のことです。法定福利厚生のように加入義務はないため、企業独自の制度を整えられます。

法定外福利厚生を充実させると従業員の生活質が向上したり、働きやすい職場環境を提供できたりするため、企業のイメージアップにつながるでしょう。

なお、法定外福利厚生にはプライベートに直接影響するものから、スキルを磨けるものまで幅広いジャンルがあります。福利厚生の導入を検討している場合は、法定外福利厚生に着目してみるのがおすすめです。

福利厚生についてもっと詳しく知りたい方は、下記記事をご覧ください。
福利厚生とは?人気の種類・導入方法やおすすめの代行サービスを解説!


女性が福利厚生を重視する理由

  福利厚生を充実させると働きやすい環境が整うため、企業の魅力をアピールする際に役立つことが多いです。

しかし、男性と比べて女性は福利厚生を重視する傾向が強いため、制度を整備しておくといいでしょう。 女性が福利厚生を重視する理由は、主に以下の2つが考えられます。

  • ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるため
  • 働きやすい環境を求めているため

上記2つについて詳しく解説します。

ライフスタイルの変化に柔軟に対応できるため

女性はライフスタイルの変化に合わせて、柔軟な働き方を実現したいと考える人が多い傾向にあります。

なぜなら女性は妊娠や出産といったライフスタイルの変化によって、希望する働き方が異なるためです。

例えば、独身の頃は正社員としてフルタイムで働きたいものの、出産後は子どもとの時間を優先するために短時間勤務を希望する人は珍しくありません。 福利厚生が充実している企業であれば、ライフスタイルが変化しても長く働ける環境が揃っています。

育児休暇を活用したり、連携する保育所に入所したりすることで希望の働き方を実現できるでしょう。

働きやすい環境を求めているため

女性は働きやすい環境を求めているため、福利厚生を重視する人が多くいます。先ほども紹介したとおり、女性は年齢を重ねるごとにライフスタイルが変化します。

そのため「育児や家事を両立できる職場で働きたい」「何かあったら相談できるような職場を見つけたい」と考える人も多いといえます。

しかし「産休や育休は形式上あるだけでなかなか取得できない」「職場の人間関係をうまく構築できないためトラブルがあっても相談しにくい」といった環境であれば、仕事とプライベートを両立することはできません。

だからこそ、女性の多くは福利厚生の充実度を重視し、働きやすい職場を求める傾向にあります。

女性が働きやすい福利厚生を導入するメリット

女性が働きやすい福利厚生を導入するメリットは、主に以下のとおりです。

  • 女性の離職率を抑えられる
  • 自社のブランド力を向上できる

それぞれのメリットについて詳しく見ていきましょう。

女性の離職率を抑えられる

福利厚生を導入すると、女性の離職率を抑えられます。

厚生労働省が発表した「令和2年雇用動向調査結果の概要」によると、男性の離職率は12.8%に対して、女性は15.9%とやや高い数値を記録しています。女性の離職率が高い背景には、結婚や出産などのライフスタイルの変化が大きく影響しているでしょう。

そこで、女性のライフスタイルが変化しても働きやすい環境を用意できる福利厚生を導入すれば、離職することなく働き続けてもらえます。

例えば、出産後は子どもとの時間を優先できるように時短勤務を採用したり、連携先の保育所に入所したりすることでライフスタイルが変化しても働きやすくなります。

他にも、社員旅行やクラブ活動といった福利厚生を導入すると従業員同士の交流が深まるため、より働きやすい環境が整うでしょう。すると「いつまでも楽しいメンバーと一緒に働きたい」と考える女性も増え、離職率の低下を抑えられます。

自社のブランド力を向上できる

福利厚生を導入すると、自社のブランド力を引き上げられます。先ほども紹介したとおり、福利厚生を充実させると従業員にとって働きやすい環境が整います。

すると「従業員1人ひとりを大事にする」「プライベートを充実させながら働ける」といったブランドイメージを構築できるため、周囲からの評価もアップするでしょう。自社のブランド力が向上すれば認知度も拡大していき、人材を確保する際も有利になります。

女性に人気の高い福利厚生の具体例

女性に人気の高い福利厚生の具体例は、以下のとおりです。

  • 住宅に関する制度
  • 休暇に関する制度
  • 食事に関する制度
  • 出産や育児に関する制度
  • 健康に関する制度
  • スキルやキャリアアップに関する制度

それぞれの制度について詳しく解説します。

住宅に関する制度

住宅に関する福利厚生は女性に人気のある制度です。例えば、以下のような制度が該当します。

  • 住宅手当
  • 社員寮

住宅手当とは、住宅にかかる費用の一部を企業が負担する制度のことです。家賃補助として支給するほか、住宅ローンの一部を負担する企業もあります。

住宅手当は、雇用形態や家族構成などで支給条件を定めている企業も少なくありません。 一方社員寮とは、企業が従業員に対して住宅を貸し出す制度のことです。

従業員は一般的な賃貸物件よりも比較的安い金額で住宅を借りれるため、経済的な負担を軽減できます。

休暇に関する制度

休暇に関する制度とは、法律で定められている有給休暇以外に取得できる特別休暇のことです。例えば以下のような休暇があります。

  • ファミリーケア休暇
  • ボランティア休暇
  • バースデー休暇
  • リフレッシュ休暇

特に、女性に人気の特別休暇は生理休暇です。女性の中には生理がつらく気分が落ち込んだり、外出が億劫になったりする人も珍しくありません。

そのような場合に無理して出社することなく体を休められる環境が整っていれば、女性にとって安心できる職場といえるでしょう。

ただし、生理休暇を導入するだけでは意味がありません。制度の内容を社内全体で共有し合い、従業員が堂々と取得できる職場環境を作ることが大切です。

また、特別休暇を設けることでプライベートを重視しながら働くことも可能です。プライベートが充実していると仕事へのやる気も向上するため、生産性のアップが期待できます。

食事に関する制度

食事に関する制度とは、従業員の飲食代を一部負担する福利厚生のことです。例えばお弁当の配送サービスを利用したり、社員食堂を設置したりすることで従業員の食事を補助しています。

負担する金額は導入している企業で異なるものの、一般的には1食100円~150円程度が相場とされています。 なお、食事に関する福利厚生を充実させるとすべての従業員が恩恵を受けられるため、不平等さをなくせるのもメリットです。出産や育児を経験していない女性であっても対象となるため、従業員が不満を持つことなく導入できます。

さらに、社員食堂を設置すると従業員同士でコミュニケーションが取りやすくなることから、良い人間関係を構築しやすくなります。職場での良い人間関係が構築できれば、女性の離職率も抑えられるでしょう。

出産や育児に関する制度

出産や育児に関する福利厚生は、女性に欠かせない制度です。年齢を重ねてライフスタイルが変わったとしても働きやすい職場を提供できるでしょう。出産や育児に関する制度には、以下のような例があります。

  • 結婚休暇
  • 結婚祝い金
  • 産前産後通院休暇
  • 出産祝い金
  • 時短勤務

他にも育児をしながら仕事ができるように、在宅勤務や時差勤務を導入している企業もあります。

健康に関する制度

健康に関する制度は、年に1回健康診断を行うことが義務付けられています。その他にも、さまざまな福利厚生を準備している企業があります。具体的な例は以下のとおりです。

  • 人間ドックの費用を一部負担
  • 医療費の補助
  • 健康相談できる医務室やカウンセリングの提供

従業員が病気や怪我などで働けなくなったときに利用できる病気休暇や、体調面の不安から長時間勤務をできない人が使う短時間勤務などがあります。

従業員が企業で活躍するためには、健康でなければいけません。従業員が健康で働いてくれるからこそ、事業を発展させられるのです。そのため日頃から従業員の健康に目を向け、いつでもサポートできる体制を整えておくことが大切です。

スキルやキャリアアップに関する制度

スキルやキャリアアップに関する福利厚生には、以下のような制度があります。

  • 講座やセミナーの参加費用の補助
  • 通信教育の提供や費用の補助
  • 書籍の購入費用の補助

女性は出産や育児によって、一度職場を離れる人も珍しくありません。復職後にブランクを解消したくてスキルアップを目指す人もいるでしょう。また、男性に負けないようにキャリアアップしていきたい女性も増加しています。

女性がスキルやキャリアアップできる環境が整っていれば、従業員のやる気が向上するほか、企業のレベルアップにもつながります。

女性に必要とされる福利厚生を導入するコツ

女性に必要とされる福利厚生を導入するコツは、以下のとおりです。

  • 自社が抱える課題を明確にする
  • 女性の従業員に意見を聞く

  それぞれのコツについて詳しく解説します。

自社が抱える課題を明確にする

福利厚生を導入するときは、まず自社が抱える課題を明確にすることが大切です。例えば「女性が活躍できる職場を作りたい」「女性の離職率を抑えたい」といった悩みを明確にしておくと、導入すべき福利厚生も見えてきます。

反対に、自社が抱える課題を明確にしないまま福利厚生を導入すると、何も問題が解決しないという結果にもなりかねません。自社が抱える問題を解消しながら、女性にとって働きやすい職場を提供していきましょう。

女性の従業員に意見を聞く

自社の課題が明確になったら、女性の従業員にその課題を解決するためにどうすれば良いのか意見を聞きましょう。男性が女性の意見を聞かずにただ想像だけで福利厚生を決めたとしても、必ずしも喜ばれるわけではありません。

例えば、先ほど紹介した生理休暇などは、女性にしかわからない悩みともいえるでしょう。特に福利厚生の決定権が男性にある企業では注意が必要です。

女性に求められる福利厚生を導入している企業10選

ここからは、女性に求められる福利厚生を導入している企業をランキング形式で紹介します。女性に喜ばれる福利厚生を導入したい場合は、ぜひ参考にしてみてください。

株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェントは、メディア事業やインターネット広告事業などを手がける企業です。「21世紀を代表する会社を創る」をビジョンに掲げ、さまざまな事業を展開しています。

株式会社サイバーエージェントでは、女性が長く継続して働ける職場環境を作るために以下の制度を導入しています。

  • エフ休:女性特有の体調不良の際に、月1回取得できる特別休暇
  • 妊活休暇:不妊治療中の女性が治療などを目的に休む場合に取得できる特別休暇
  • 妊活コンシェル:妊活に興味ある女性などが個別のカウンセリングを受けられる制度
  • 卵子凍結補助:卵子凍結に関する費用を1人40万円を上限として補助する制度
  • キッズ在宅:子どもの看護時に在宅勤務できる制度
  • キッズデイ休暇:子どもの行事や記念日に取得できる特別休暇
  • 認可外保育園補助:認可外保育園料の一部を負担する制度
  • おかち区ランチ:同じ市区町村に住むママが集まるランチ代を企業が補助する制度
  • パパママ報:パパやママの働き方を伝える社内報

この9つがパッケージ化されており、企業独自の福利厚生を展開しています。 https://www.cyberagent.co.jp/

ユニリーバ・ジャパン株式会社

ユニリーバ・ジャパン株式会社はラックスやダブ、ジフなどのブランドを展開している企業です。イギリスのロンドンに本拠地を置いており、世界でも有数の一般消費財メーカーです。

ユニリーバ・ジャパン株式会社ではすべての人がいきいきと働き、健康で楽しい人生を送れるような福利厚生を用意しています。制度の内容としては以下のとおりです。

  • 上司に申請すれば、理由を問わず会社以外でも勤務できる
  • 平日5~22時の間で自由に勤務時間や休憩時間を決められる

例えば子どもが学校で自宅にいない間はオフィスで仕事を行い、夜は自宅で仕事をすることも可能です。子どもを預けられないのであれば、1日中在宅で勤務もできます。この福利厚生を活用すると、女性のライフスタイルが変化しても柔軟に働き続けられます。
https://www.unilever.co.jp/

サイボウズ株式会社

サイボウズ株式会社は、チームワークを支援するためのグループウェアを開発・提供している企業です。kintoneやメールワイズといったサービスを提供しています。サイボウズ株式会社では100人100通りの働き方を実現すべく、以下のような福利厚生を導入しています。

  • 働き方宣言:個人のライフタイルに合わせて勤務時間や場所を選べる制度
  • 複業:申請や承認がなくても複業できる制度
  • 在宅環境手当:在宅環境を整るための費用を一部支給
  • 子連れ出勤制度:子どもの預け先がないときに臨時で利用できる制度

他にも、サイボウズ株式会社への復帰が確約された状態で退職できる「育自分制度」もあります。チームへ戻れるという安心感を抱いたまま、新しいことにチャレンジすることも可能です。 https://cybozu.co.jp/

楽天グループ株式会社

楽天グループ株式会社は、世界30ヵ国地域にサービスを展開している企業です。70以上ものサービスを提供しており、世界で約17億人のユーザーがいるといわれています。

楽天グループ株式会社では金銭的なサポートだけではなく、心身の健康を支える仕組みを構築しています。 主な福利厚生は以下のとおりです。

  • フレックスタイム制
  • 時差勤務制度
  • 在宅勤務
  • 社内託児所
  • マザーズルーム
  • 休職前・復職前セミナーの実施

楽天グループ株式会社の産休・育休後の復職率は99%を記録しており、ライフスタイルが変化した後でも働きやすい環境が整っています。出産・育児・介護に関するサポート制度も充実しており、女性にとって安心して働ける職場だといえるでしょう。 https://corp.rakuten.co.jp/

株式会社ニトリ

株式会社ニトリは、ホームファニシング事業やデコホーム事業などを手がける企業です。同社では結婚や出産、育児、介護などのライフスタイルの変化に合わせて活躍できる環境が整えられています。

例えば以下のような福利厚生が導入されています。

  • 結婚休暇
  • 出産育児支援休暇制度
  • 短時間勤務制度
  • 日祝託児費用補助制度
  • 提携託児所の優待利用

他にも結婚や出産、介護などを理由に退職した従業員を再雇用できるジョブ・リターン制度も導入しています。ライフスタイルが変化しても働き続けられるため、いつまでも社会に貢献したい女性にもおすすめです。 https://www.nitori.co.jp/

株式会社メルカリ

株式会社メルカリは、フリマアプリ「メルカリ」を運営している企業です。「あらゆる価値を循環させ、あらゆる人の可能性を広げる」というミッションのもと、テクノロジーで世界中の人々をつないでいます。

株式会社メルカリでは、個人のバリューを最大限発揮するために、以下のような福利厚生が用意されています。

  • Sick Leave:病気や怪我をした場合、有給休暇とは別に年10日支給できる制度。従業員だけではなく配偶者や子ども、両親などが病気や怪我になった場合でも利用できる。
  • リラックス休暇:自由なタイミングで年3日間の休暇を取得できる制度
  • 妊活のサポート:不妊治療の費用を一部負担する制度
  • 卵子凍結費用の補助
  • 0歳児保育費用の補助

その他にも、出産に合わせて特別有給休暇とお祝い金を支給したり、病児保育費を支援したりする制度があります。特に子どもが幼い女性にとって助かる制度が充実しているでしょう。 https://about.mercari.com/

DeNA株式会社

DeNA株式会社は、スマートフォン用のゲームを開発したり、SNS運営を行ったりしている企業です。他にも、ダイエットをサポートするアプリや認知機能の変化をチェックするアプリなども提供しています。 DeNA株式会社には、以下のような福利厚生があります。

  • 子育て・家族支援
  • 結婚祝い金
  • 育休復職サポート手当:産前・産後休暇を取得した女性社員に対して保育料の一部が支給される制度
  • 子供の看護休暇
  • ベビーシッター補助

またDeNA株式会社では、従業員が働きたいと思える環境を提供し続けるために、定期的に福利厚生を見直しています。時代や従業員の変化などによって、必要となる福利厚生も変わってくるでしょう。柔軟な対応を心掛けることで、働きやすい職場環境が整います。 https://dena.com/jp/

株式会社グラニ

株式会社グラニは、ソーシャルアプリケーション事業を展開している企業です。従業員1人ひとりが仕事に集中できる環境を整えるために、以下のような福利厚生を導入しています。

  • 近隣子育て手当:オフィスの近郊に住んでいる従業員に限り、子ども1人につき月額7万円を支給する制度
  • 引っ越し費用補助制度:オフィスの近隣に居住の際、子どもがいる従業員に対して一律100万円の引っ越し費用を支給する制度

他にも住宅手当や近隣住宅手当などもあり、経済的な負担を軽減しながら働けます。子どもが生まれると教育費などの出費がかさむため、女性やその家族にとって大変助かる制度といるでしょう。 http://grani.jp/

株式会社サニーサイドアップ

株式会社サニーサイドアップは、スポーツ選手やアーティストなどのマネジメント業務をしたり、新規ビジネスの企画開発を行ったりする企業です。自分らしく働くために、32もの制度が用意されています。 主な福利厚生は以下のとおりです。

  • ファミリーホリデー制度:家族旅行や運動会などがある場合に取得できる特別休暇
  • 恋愛勝負休暇制度:恋愛において勝負の日に取得できる休暇
  • 失恋休暇制度:失恋した場合に所得できる休暇

株式会社サニーサイドアップは、他の企業にはない独自の制度を導入しています。ユニークな制度も豊富にあるため、女性にとって魅力あふれる企業の1つでしょう。他にもDear Woman制度では、女性自身が自分の体と向き合えるような体制も整えています。 https://www.ssu.co.jp/

株式会社ソルトワークス

株式会社ソルトワークスは、北海道札幌市でWebサービスの企画や制作を行っている企業です。

ワークライフバランスや女性の活躍が期待できる企業を札幌市が独自の基準で認証している「ワーク・ライフ・バランスplus企業認証」を取得しており、働きやすい職場環境が整備されています。 株式会社ソルトワークスが用意している主な福利厚生は、以下のとおりです。

  • 有給休暇の時間単位取得制度
  • 産休・育休休暇制度
  • 時短社員制度

また社内研修・セミナーの開催や書籍購入補助制度など、教育に関する福利厚生も充実しています。 https://saltworks.jp/

福利厚生の導入ならリロクラブの利用がおすすめ

女性に必要とされる福利厚生を導入したい場合は、リロクラブの「福利厚生倶楽部」がおすすめです。福利厚生倶楽部とは企業の持つニーズに応えられるよう、独創的な福利厚生を提供するアウトソーシングサービスです。

従業員とその家族が利用でき、低コストで充実した制度を構築できます。 福利厚生倶楽部では、働くママに喜ばれる育児支援なども充実しています。女性のライフスタイルが変化しても、長く働き続けてもらえるような環境を用意できるでしょう。女性に求められる福利厚生を導入したい場合は、ぜひ福利厚生倶楽部のご利用を検討してみてください。


女性に必要とされる福利厚生を導入しよう

女性は年齢を重ねるごとにライフスタイルが変化するため、福利厚生を重要視する傾向です。制度が充実している企業ほど人気が高く、女性が長く活躍しているケースが多いでしょう。

そのため「女性の離職率を抑えたい」「出産後も復職してもらえる環境を整備したい」といったお悩みがあれば、福利厚生の導入を検討してみてください。女性の声を反映しながら福利厚生を取り入れると、今よりも働きやすい職場環境を整備できます。

​​​​​​​ 女性に喜ばれる福利厚生制度を導入したい企業は、ぜひ一度リロクラブへご相談ください。

RELO総務人事タイムズ編集部
RELO総務人事タイムズ編集部
RELO総務人事タイムス編集部です。 本メディアは、「福利厚生倶楽部」の株式会社リロクラブが運営しています。 「福利厚生倶楽部」の契約社数は19,200社、会員数710万人という規模で、業界シェアNo.1を誇ります。 従業員満足を追求する人事や総務、経営者の皆様にとって少しでも有益になる情報を発信していきます。

CONTACT

福利厚生の満足度を見直してみませんか?
リロクラブにご相談ください

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

お役立ち資料はこちらから

記事ランキング