注目を集めているホワイト500ですが、健康経営優良法人2020から一部制度が変更になりました。ホワイト500は健康経営優良法人の一部であり、ホワイト500に認定されることで、その企業の健康経営に対する取り組みを国民に広く知らしめて、従業員の採用や資金調達、組織の活性化、株価の上昇、企業利益の拡大というメリットを認定企業にもたらすことが可能になります。今回は、健康経営優良法人2020からの変更点も含めて、ホワイト500の基礎知識から健康経営優良法人に認定されるメリットまで、解説していきます。

ホワイト500の基本知識

ホワイト500の基本知識
ホワイト500とは、経済産業省が企画をしている健康経営優良法人認定の認定企業の一部のことを指す通称です。

健康経営優良法人認定の認定基準は2種類に分かれています。具体的には、中小規模法人部門と大規模法人部門に分かれます。これまでは大規模法人部門全体を「ホワイト500」と呼んでいましたが、健康経営優良法人2020からは大規模法人部門認定法人の中で、健康経営度調査結果の上位500法人のみを「ホワイト500」として認定することになりました。ここが、健康経営優良法人2020から変更になった点です。

健康経営優良法人認定制度

健康経営優良法人認定制度とは、健康経営に熱心な企業を国(経済産業省)が顕彰する制度です。企業名を国民に広く周知することで対象企業の社会的な地位、信頼性を向上させる効果が見込めます。認定制度は中小規模の企業を対象とした「中小規模法人部門」と大規模企業を対象とした「大規模法人部門」に分けて認定を行います。

健康経営という考え方

「企業は人なり」といわれますが、企業にとって人財は非常に大切な経営資源です。そして人が健康であり続けることが企業業績にも直結するということはよく知られています。したがって経営者は人(従業員)の健康維持、増進を企業の理念として公表して企業経営を行うようになりました。

具体的には企業の年度方針や経営方針に落とし込み、年間を通して健康管理、増進を図っています。

健康経営について詳しくは、こちらの「従業員の健康は経営資源!健康投資をおこなう6つのメリットと具体策」もあわせてご覧ください。

健康経営度調査の評価ポイント

健康経営度調査の評価ポイント
経済産業省は健康経営優良法人認定のため、「健康経営度調査」を提出するように法人に働きかけています。調査票は数十項目の質問、A4サイズで30ページに及ぶ調査項目があります。

調査票は企業の基本情報(従業員の人数や構成)から健康経営の方針まで、広範囲にわたり企業の活動状況が把握できる調査票になっています。健康に直結する長時間労働者数や裁量労働者数の実態や、年次有給休暇の取得状況、法定福利費や、法定外福利費の実績なども調査対象になっています。

しかし何といっても健康経営は経営者の考え方が強く反映されるものであるために、年度計画や細部の実施計画も大切ですが、最も影響があるのは経営者の考え方です。健康経営は目先の利益を考えるならマイナスに働くかもしれませんが、長期的な視野に立てば企業の繁栄に大きく寄与するでしょう。そこを経営者が自覚し、背負えているかが大きなポイントになっています。

大規模法人部門の認定基準

大規模法人部門の認定基準

健康経営優良法人(大規模法人部門)の認定基準は、5つの大項目の要件を満たすことです。5つの大項目とは
1.経営理念(経営者の自覚)
2.組織体制
3.制度・施策実行
4.評価・改善
5.法令順守・リスクマネジメント(自主申告)
の5つです。

そのうちの3つ、2.組織体制 4.評価・改善 5.法令順守・リスクマネジメント(自主申告)は必須となっています。1.経営理念(経営者の自覚)と3.制度・施策実行にも一部必須項目があります。詳しくは経済産業省の「健康経営優良法人2020(大規模法人部門)認定基準」を参照してください。

健康経営優良法人2019では817法人が健康経営優良法人(大規模法人部門)に認定されました。

なお2020から、この健康経営優良法人(大規模法人部門)認定法人の中で、健康経営度調査結果の上位500法人が「ホワイト500」として認定されます。

中小規模法人部門の認定基準

中小規模法人部門の認定基準
健康経営優良法人(中小規模法人部門)の認定基準も、大規模法人部門と変わらず5つの大項目要件を満たすことです。大項目は同じですが、評価項目と認定要件が大規模法人部門とは異なっています。

詳細は経済産業省の「健康経営優良法人2020(中小規模法人部門)認定基準」を参照してください。

健康経営優良法人2019では2,501法人が健康経営優良法人(中小規模法人部門)に認定されました。

健康経営優良法人に認定されるメリット

健康経営優良法人に認定されるメリット
健康経営優良法人(又はホワイト500)に認定されると、その企業名が公表されます。それゆえ国民や投資家、当該企業の従業員は健康経営に熱心な企業というイメージをもつこととなり次のようなメリットが生まれます。

投資家によい印象を与えられる

人を大切にする企業ということで、環境問題や社会貢献、企業イメージを大切にする投資家にとっては投資銘柄の仲間入りとなり、そのような投資家が増えれば最終的に株価の上昇につながる可能性が大きくなります。

優秀な人材を獲得できる

入社する企業を選ぶ労働者からすれば、報酬が高いことは大切な要件ですが、それ以外に働きがいや安定性、将来性など金銭以外の要件も重視しています。また自分の健康に気を使いますので、健康経営に力を入れている企業であるということは魅力ある要件になります。

人に優しい企業というイメージが求職者に定着すれば企業側としては多くの人材を獲得する機会が増え、その結果として優秀な人材を獲得できます。それが長期的な企業の繁栄につながります。

従業員のモチベーションが高まる

企業が従業員の健康維持、増進に投資をしているということは、安心して働くことができる労働環境であるといえます。従業員は日常業務に励むことができ、また健康な従業員からは新しい提案が生まれて、その組織は活性化されると考えられます。

生産性の向上、並びに企業業績の向上につながる

経営者が健康経営に熱心であれば従業員は安心します。そして従業員のモチベーションややる気、安心感が生産性の向上につながり、最終的には企業業績を押しあげる原動力となります。

ブランドの価値が高まることによる販売促進

生活者が同じような商品やサービスがある場合、どのような情報をもって最終判断をするでしょうか?このような場合はブランド力、知名度が大きな役割を果たします。すぐには効果は出ませんが、健康経営優良法人やホワイト500に認定されますと企業の知名度=ブランド力となり、競合他社よりも生活者の目を引き、販売促進につながることが期待できます。